ゴリラのクソ

文章に残したいときに更新します アイマスのこと

低コスト

毎回クソブログ開設して記事二つ程度投げてアカウントID忘れてます。

今回ぐらいはいい加減長続きしないかなと思ったけど多分ダメでしょうね。

たまに真面目なこと考えるくせに寝ると忘れる人間だから書き留める場所が欲しかったところなのでちまちまと書いていきます。10割オナニー宣言

アイドルマスターやら声優のことを書くと顰蹙を買うことになるので最初はガンダムのことでちょろっと

 

  • 今の低コストに求められてること

6/22現在、右翼曲折あったマキシブーストONですが個人的に環境トップを占めるのは

が筆頭じゃないかと考えています。次点でダークハウンドやジオなんかが来るのではないでしょうか。

では何故こいつらが筆頭なのか幾つか共通点や強みを列挙してみます。

 

  1. 高コストを捌く自衛力
  2. 「使えている」と言えるまでに要する時間
  3. 足回り

これに限るのではないでしょうか。順番に記述していきます。

  • 自衛力

高コストを使っている時に一番求めているのはこれではないでしょうか。

どんな方法でもいいから高コストが自由奔放に動けるためにも疑似怠慢や2onを捌いてほしい。誰だってそう思うわけです。今現在自衛力が高いのはこの3機体なわけです。

3号機はサブメインや特格CSはもちろんのこと、強みとして追われた時に反撃がしやすいのも強みだと考えます。一番分かりやすいのは軸が合っていれば振り向きメインで自衛がしやすいところでしょうか。今作の運命は特射の残像に誘導切りが着いているため低コストからしたらたまったもんじゃない!といったゴミ押し付け武装に戻っている訳ですが、距離が近く正面に向かっている場合は振り向きメインが結構当たったりします。そこそこの距離でブメ投げてきたら避けられるし密着してるなら前格以外は発生勝ちする所なんかは自衛の強みですね。他にもレバサブなんかは追われてる際に強誘導で相手の前ブーに合わせて引っ掛けるor盾からの引っ掛けで自衛に使えるのは強み。

キュベレイは武装欄通りのプレッシャーやアシスト、単発CSと降りテクが豊富なのが自衛の要でしょう。今作に限っては格闘が強化されているため相手もリスクが大きく迂闊に近寄りにくい機体が更に近寄りにくくなってるわけで、いわば存在自体が自衛。恐るべし肩パッド

ノワールは上記の2機体に比べると移動距離こそ少ないものの、メイン1hitよろけは自衛力の格段な強化につながっているわけです。何気に特射も足掻きが可能かつ、当たればほぼ強制ダウンなため、自衛の選択肢が上記の2機体より豊富なのも強みではないでしょうか。

 

逆に低コストとして優秀なはずのGセルフやジオは何で最上位ではないのか?と言われたら上記の機体に比べて3000コストを捌く自衛力が足りないところでしょうか。

降りテクが少ないだけならともかく、自衛手段がワンパターンかつ理不尽武装が少ないというのは現環境ではデメリットでしかありません。プレッシャーだけでは生きていけない。翼生やして突撃するだけじゃあ生きていけないわけです。

  • 使えてると言えるまでに要する時間

これも割と重要だと考えてます。

上記にはない機体で「自衛力ならあるじゃん!」と言える機体は200機近く参戦してるゲームなんだし当然いるわけです。スパアマ持ちかつ自衛武装が格段に増えたZガンダムや稼働初期にGセルフ3号機と一緒に猛威を振るったアリオス、AGE2やジオング、アイオスなんかも良い例ではないでしょうか。

ただ、これらの機体を今日から乗ります!と言って貴方の隣はいい顔をするでしょうか?人によっては笑顔でOKを出すかもしれません。しかし、いざオンラインに潜って中将大将にしゃぶられては目も当てられないわけです。極論言っちゃえば「お前それ使って元帥に勝てんの?」って言われたら終わりじゃないですか。けど最初に記述した機体って最低限の操作さえ覚えれば隣に強い相方置けばワンチャンが生まれるんですよ。500円練習でシャフ擦って固定に潜ったら戦える!なんて言われたら勝ちたい人は使いますよね。そういうことなんです。

今挙げた機体で言えばアイオス=生時の立ち回り,アリオス=照射,Z=立ち位置,ジオング=フルブとは別の起き攻めでしょうか。ジオングはどちらかといえば下記のゴミ機体に含まれるけどフルブとは別なんだよってことでこっちに

これの例外が「やりこみ」と「センス」なんですがそこはもう時間をかけてるか生まれつきのものなんで知りません。お疲れ様ですって感じ。

もう一つ例外あるとすればいわゆる「ゴミ機体」

3号機キュベレイも大概ですが、まだゲームの根本をひっくり返すようなコンセプトではないわけです。アルケーやアヴァランチも突き詰めれば立ち回り然り攻め方然りあるのでしょうが、結局はゴミを押し付けるゲームだしゴミムーヴを覚えるまでは勝率はマイナスなのでこれも一種のやりこみになるわけです。お手軽とはちょっと違うかな

 

  • 足回り

殆どの機体が入らない理由はこれでしょう。ある意味自衛の一つであり最も重要な項目

このエクストリームバーサスシリーズが始まって人権の可否の殆どはこれじゃないでしょうか。フルブのユニコーン強化やマキブの強機体は全て足回りの影響が大きかったかと。逆にナイチンゲールの下方やレギルス、ノルンが今作で弱くなったのもまた足回りのせいかなと。全員武装弱体化もありますがまたそれはそれ。

低コストの例だと相手の覚醒を捌くだけでなく、味方の援護射撃やカットでも重要なのは足回りでしょうか。自衛が高コストが低コストに最も求めてるとは言いましたが高コスト使っている人間が全員ニュータイプというわけではなくミスをするわけです。

そこでダメージを小さくできるかどうかもゲームの鍵なわけで、そこで足が遅いとダメージレースで負ける要因の一つになるわけです。

Pストやレッドドラゴン、殆どの2000コストはこれが出来ずに終わる人が殆どです。

やりこみで例外はありますが。

ZガンダムZZガンダムが候補に入らない理由もここにあるわけです。武装と覚醒は最強なのに足回りが悪いせいで相方のカットはともかく、覚醒を捌くことが難しい。

特殊移動を持っているかつ、通常時の足回りが良いのは現状上記の3トップではないでしょうか。

 

まとめちゃうと3000コストの覚醒を自分の武装や覚醒だけで捌ける可能性がある奴らが最強ってことですよね。3000ゲーで求められるのはこういうやつら。

 

いざ文章にすると伝えたいことがもっとあるのに伝えきれない。思い出したらまた適当に自戒の念も含めて書き留めておきます。